どうひょう

道標

この道は、東海道と伊勢街道を結ぶ伊勢別街道にあたります。ちょうど、中町から横町へ曲がる角に道標と木製標柱がみられます。
自然石の道標には「左さんぐう道」と大書きされており、年記はありませんが江戸時代後期のものと思われます。
右側面には、小さく「右榊原」とあります。木製標柱(道路里程標)には、「津市元標へ三里三拾三丁八間」「関町元標へ弐里五丁五拾壱間」「大里村大字窪田へ弐里弐丁五間」と記されています。
これは、明治時代に道路の起点、終点、分岐点などに知事の定める位置に設置されました。
この地には明治43年(1910)7月に建立されました。(現在の木製標柱は2代目)

DATA

住所
〒-
三重県津市芸濃町椋本
電話番号
--
備考
上部へスクロール