あのうつ

安濃津

◆安濃津◆
世界で一番短い名前のまち「津」。仁徳天皇の昔は安濃津と呼ばれ、日本三津の ひとつとして栄えた名港であったと伝えられています。そのため、市内には至る所に 名所、旧跡があり、当時の面影を色濃く残しています。

DATA

住所
〒-
三重県津市
電話番号
--
備考
上部へスクロール